あげとも

大人の遊びとFX・投資情報・ネットビジネス情報発信あげとも

ネットショップ出店するなら何処が良い?調べてみたよ。

投稿日:2018年9月20日 更新日:

※2018-09-19 の調査結果です。
※最新の数値は「利用者数の調査」のリンク先をご確認下さい。
※利用者の目安は各サイトの「visits」が参考になると思います。

ネットビジネスの代表格として、ネットショップ(ECサイト)を始めるってのがありますが
その道のプロでは無い場合、始めてみないと解らない事も多いと思います。
僕もネットショップを始める前、解らない事だらけでした。
商材の話は、また、別の機会に話す事として、今回は、まずどのモールでネットショップを
開けば良いか?というお話です。

何を基準に選ぶのが正解か

楽天、アマゾン、ヤフー、言わずと知れた現在の日本の三大ネットモールです。
出店する側とすれば、月々の出店理料が気になる所です。
ヤフーは、月々の出店料0円をうたっています。
なら、「まずはヤフーに出店してみるかな」となる所でしょうが
そこが大きな落とし穴、ちょっと待ってよおにーさんとアドバイスしたいです。
一度モールを決めると、その中に商品ページを作らなければなりません。
膨大な作業です。ダメだったから他のモールに変えようと思っても
その作業が無駄になってしまう為、二の足を踏んでしまいます。
ネットモールを選ぶ際の最重要ポイントは、

モールの集客力です。

魚がいない池で、魚を釣ろうと思っても全然釣れないのと同じで
人の集まらないモールで一生懸命売っても商品は売れません。
毎月、利用料金を払っても人が多いモールに出店した方が成果が出る可能性がある訳です。

じゃあ集客力を調べてみよう!

Webサイトのアクセス数調査「SimilarWeb」を使って集客力を調べてみます。

YAHOO!ショッピング
ポータルサイトとしては日本一だが
ショッピングはどうなのか?
YAHOO!ショッピング利用者数の調査結果
合計訪問者数 83.13M
グローバルランク 438位
国ランク 38位
カテゴリーのランク 54位
トラフィックソース ダイレクト 20.18%
YAHOO!からの流入が多くYAHOO!ショッピングを
直接探して訪問する客は少ない印象。

楽天市場
言わすと知れた日本ネットモール界のフラッグシップ。
楽天市場利用者数の調査結果
合計訪問者数 354.64M
グローバルランク 98位
国ランク 8位
カテゴリーのランク 15位
トラフィックソース ダイレクト 52.32%
ポイントで客を囲い何度も購入させる戦略が当たっています。
楽天へ直接行って購入される方も多いみたいですね。

Amazon
グローバルネットモール。誰でも一度は利用した事があるのではないでしょうか?
Amazon利用者数の調査結果
合計訪問者数 523.32M
グローバルランク 61位
国ランク 6位
カテゴリーのランク 6位
トラフィックソース ダイレクト 52.36%
購入のし易さや、Amazonが直接発送する商品が多い点、返品の容易さ等
購入する側のメリットが多いのもAmazonが受け入れられている点だと思います。

この結果を見ると、さすがAmazon、販売価格の15%~10%の手数料を取るだけの集客数です。
楽天市場の手数料がまだまだ強気なのもこれでわかります。
買い物革命、始動!孫正義「eコマーズ革命宣言」を打ち出したYAHOO!ショッピング。
この集客数なら、基本手数料無料でも仕方ないですね。

日本三大ショッピングモールを調べてみましたが
eコマーズ革命宣言をするだけして集客数が伸びない
YAHOO!ショッピングの一人負けの印象ですね
なのにライト出店も合わせると、凄まじい数の店舗数
魚のいない池で一生懸命つりをするって感じです。
おまけに、今回詳しくは書きませんが「PR」というお布施をしないと
YAHOO!ショッピングでは、表示もほぼされない仕組みになっているので
実質有料モールと同じです。
この結果を見て、貴方がネットショップを出店するなら何処を選びますか?

では、今日はここまでです。

おまけ、その他ショッピングモールと調査結果

ポンパレモール [調査結果]

Wowma! [調査結果]

ZOZOTOWN [調査結果]

価格.com [調査結果]

オムニ7(セブン&アイ) [調査結果]

BUYMA [調査結果]

 

-ネットビジネス

Copyright© あげとも , 2018 All Rights Reserved